結婚式

トップ > ガイド > ドレスアップガイド

ウエディングドレス

ドレスの手配

手配の方法が違うと、費用やスケジュールなど内容が変わってくるのがドレス選びです。
デザインを重視するならオーダー、プライスを重視するならレンタルと、お二人の考え方によって手配の方法も変わってきます。それぞれの特徴の違いを理解して、満足のいくドレスを選びましょう。あとあと後悔が残らないように...。

ウエディングドレスについて

借りる!

レンタルで5万〜

衣装屋さんにある既製品を割安で借りる。下見の際に試着できるところが多いので、電話で確認・予約をした方が良いでしょう。
予約時にはいくらかの予約金を払って、本契約時に残金を支払うというパターンが多い。

オーダーレンタルで15万〜

デザイン発注はフルオーダーメイドと同様なのですが、挙式・披露宴後はショップに返却というものです。披露宴後のドレスの保管に困る人、オーダーしたいけれど予算があまりない人にオススメです。また、デザインは既成のものでもその人のサイズにあわせてオーダーできるサイズオーダーというものもあります

作る!

フルオーダー30万〜

気に入ったデザインや素材を一から選べるシステム。まずは、衣装屋さんのデザイナーさんと相談しながらデザイン画を作成、採寸。仮縫いで一度試着をしてから本縫いなどの工程となります。そのあと、最終試着で確認。尚、キャンセルは、フルオーダーとなるので、全額負担ですよ。気をつけてください。

セミオーダー18万〜

フルオーダーとプレタポルテの中間で、衣装屋さんで用意してあるデザインの中から好きなものを選んで、それを自分のサイズで作るシステム。
サイズがぴったりなので、着心地最高!。追加料金で、部分的な多少のアレンジが可能な衣装屋さんもあります。フルオーダーする場合と準備期間はほぼ同じぐらいだと思います。

買う!

セル18万〜

衣装屋さんの既製品の中から購入するものとなります。しかし、ピンキリですよ〜。

リサイクル

一度着たものやブライダルフェアなどで使用した新品同様のドレスが格安で購入できるところもあります。お店によっては料金を払って、サイズやデザインの直しを引き受けてくれるところもあるようです。

このページの一番上へ

チェック

PR

おすすめコンテンツ

フォトウェディング
人生の記念日をしっかりとカタチに残す写真の結婚式です。
お得情報
式・衣裳・写真…全部込みのお得なセットや、ブーケプレゼントフェアーetc.

ブライダル業界最新ニュース

>> 業界ニュースをもっと見る

このページの一番上へ