結婚式 マナー

フォーマルスタイル

結婚式・披露宴に出席する上で悩みの種になってくるのが、服装でしょうか。普段着では出席できないでしょうし、新郎新婦よりも目立った服装もダメですし、友人の服装も牽制しなければならないし、問題山積です。一般的だと言われている披露宴・結婚式の服装を掲載しますので、参考にしてみて下さい。(参考になるでしょうか...)

昼のフォーマル(午後5時より前に開宴されるもの)

女性の場合の服装

アフタヌーンドレス(正礼装)、アフタヌーンスーツ(準礼装)又は、フォーマルスーツ(略礼装)ポイントは、シンプルで清楚な印象。光沢のない素材で肌を露出しないことです。控えめに装いつつ、華やかさをプラスする気持ちでコーディネートしましょう。

デザイン

胸元や肩を露出しないシンプルなデザインのワンピース、アンサンブル、ツーピースやスーツで、スカート丈はひざからくるぶしの上ぐらいに。白を使うなら部分使いで。できれば昼の明るい陽射しに映える優しい色が理想的です。

素材

シルクやシルキーなジョーゼット、ジャガードのような地模様のあるものもいいでしょう。光沢のあるものは避けてください。スーツなどウール系のものは、無地で格調の高いものにしましょう(カシミアなど。)

バック/ 靴

布地、カーフやスエードで光沢のないものにしましょう。蛇などの爬虫類の皮は、「殺生」を連想させるので、タブーです。バックは小型のもので。靴はヒールが高い方がよりフォーマルになります。)

アクセサリー

真珠・ダイヤは可能です。その他水晶、トパーズ、アクアマリンなど、透明な陽に映えるものを。ゴールドは小さめのものにして下さい。手袋は公式では必ず着用ですが、出席する場合にはなるべく持った方がよいでしょう

男性の場合の服装

ブラックスーツ(準礼装)昼の準礼装はディレクターズ・スーツ(モーニングを簡略したもの)ですが、出席する側は略礼装のブラックスーツで大丈夫です。色は黒または濃紺。素材はドスキンやタキシードクロスなどの格調の高い素材がいいでしょう。いわゆる礼服です

シャツ

白のソフトカラーのダブルカフス。ドレスシャツなら必ずカフスボタンをして下さい。

ネクタイ

白の折柄、またはシルバーグレーの結び下げ。

黒のカーフのプレーントゥかスリップオンタイプのもの。

アクセサリー

白のシルクのポケットチーフ。 ダイヤ・パール・白蝶貝のタイピンとカフスボタン。

このページの一番上へ

チェック

PR

おすすめコンテンツ

フォトウェディング
人生の記念日をしっかりとカタチに残す写真の結婚式です。
お得情報
式・衣裳・写真…全部込みのお得なセットや、ブーケプレゼントフェアーetc.

ブライダル業界最新ニュース

>> 業界ニュースをもっと見る

このページの一番上へ