結婚式 マナー

トップ > 結婚式 マナーガイド > ご祝儀袋の選び方・書き方

ご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋にはいろんな種類があります。袋の中央には水引という紐があります。中にはプリントしてあるものもありますが、これは中に入れる金額によって違います。披露宴に出席する人は実際に紐がついているものを選びましょう。実はこの紐にもいくつか種類があって、間違えるととんでもない事になります。

違いを確認して

まず色によってわかれるのですが、黄色い紐があるのはお葬式で使うものですから、絶対間違えないで下さい。お祝い用は紅白です。そして、チョウチョ結びになっていて、紐の先が下を向いているものも披露宴には使いません。ちなみにこれはチョウチョ結びですからほどけてしまうので、結婚式には向かないのです。どういう時に使うかと言うと喜びが何度も訪れて良いとき、出産などで使用します。披露宴では紐が固結びになって先が上を向いているものです。もちろんこれにも意味があって結び切りということで2回とないことを表しています。また先が上を向いている事でますます栄ることを示しています。最近は祝儀袋の裏に説明がありますのでよく確かめて買いましょう。また、自信がなければお店の人にきいて買うようにしましょう。

ご祝儀袋の書き方

さてご祝儀袋の書き方についてですが、表には「寿」もしくは「御祝」と書いて、名前は必ずフルネームで書きましょう。本当は左側に寄せて書くのが正式な書き方らしいのですが、今では一般に中央に書くことが多いようです。また最近では書く欄だけを短冊のような別の紙にしてあるものもあって、それならはじめから「ご結婚お祝い」と書いてあります。世の中便利になったものです。

ご祝儀袋の書き方【図解】

友人などと連名で贈る時は、右側から何人もの名前を連ねて書く人がいますが、表書の真下に代表の人の名前を書き、あとは左側に並べるのが正式な書き方です。
表にかけない場合は代表者の氏名を中央に、その左に「他一同」と書いて、残りの人の氏名は別の紙に書いて袋の中にいれます。金額は、中包みの表の中央に縦に書きます。


そして筆記用具は結婚祝の表書きも、ボールペンや万年筆は使わずに、毛筆で書くのが基本です。自分で書けない人は早めに誰かに頼んでおきましょう!ちなみに文房具屋さんだと代筆してくれるところもあるようです。有料かどうかはお店によるみたいですが...。

このページの一番上へ

チェック

PR

おすすめコンテンツ

フォトウェディング
人生の記念日をしっかりとカタチに残す写真の結婚式です。
お得情報
式・衣裳・写真…全部込みのお得なセットや、ブーケプレゼントフェアーetc.

ブライダル業界最新ニュース

>> 業界ニュースをもっと見る

このページの一番上へ