【新婚旅行の持ち物】新婚旅行には何を持っていく?事前準備必須アイテムリストをご紹介!

スーツケースの持ち手のところに挟まれたパスポート

前回の記事「【新婚旅行のスケジュール】新婚旅行で何する?スケジュールを組むポイントやモデルスケジュールをご紹介!」では、新婚旅行のスケジュールを組むときに取り入れてほしい内容やポイントをご紹介しました。
今回の記事では、新婚旅行準備のポイント「持ち物を準備する」についてみていきましょう。

おふたりにとって記念になる新婚旅行を成功させるためには、事前準備が大切です。忘れ物やうっかりミスがないようにしっかり準備したいですよね。
しかし、新婚旅行に何を持っていけばいいのか漠然としていて思うように持ち物の準備が進まない人もいるでしょう。
そこでこの記事では、新婚旅行に行く前にする事前準備や新婚旅行の持ち物をリストにしてご紹介します。新婚旅行だからこそ持って行って欲しいグッズについてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

新婚旅行に行く前にしておくべき事前準備

ヨーロッパの地図の上に置かれているパスポート

新婚旅行に行くと決まったら、早めに準備した方が良いことがいくつかあります。時間がかかるものもあるため、必要な準備は早めに済ませておくと安心ですね。ここでは、それぞれの準備を詳しくみていきましょう。

パスポート

海外への新婚旅行を考えている人は、パスポートを準備しましょう。パスポートを準備するときに確認したいのが名前です。入籍して苗字が変わった場合は、パスポートの氏名も変更する必要があります。パスポートを持っていない人は新規発行、パスポートを持っている人は記載事項変更旅券を申請しましょう。どちらの場合でも戸籍謄本などの書類を準備する必要があり、申請にも時間がかかるので早めに準備しておくといいですね。
また、パスポートの有効期限も確認が必要。国によってはパスポートの有効期限が一定以上ないと入国NGの場合があります。新婚旅行中に必要な期間があるかどうか忘れずに確認してくださいね。

ESTA申請

スマートフォンで予約作業を行っている人の手元

ハワイやグアムなどに行くときや、乗り換えなどでアメリカ領土を経由する場合はESTA(電子渡航認証)申請が必要になります。出発の72時間前までに申請しておきましょう。ネットから簡単に申請できるので自分で手配するのがおすすめですが、難しい場合は早めに旅行会社などに相談するといいですね。

お金関係

4枚のクレジットカードを持つ左手

現地で使うお金の準備も事前に済ませておくようにしましょう。現地でクレジットカードを使いたい人は、事前に旅行先で使えるかどうか確認が必要です。使えない場合は旅行先で使用できるクレジットカードを作っておくといいですね。また、クレジットカードの名前もチェックが必要。パスポートとクレジットカードの名義が一致していないとトラブルが起きることがあります。苗字が変わった人は、新婚旅行前にクレジットカードの名前も変更しておくと安心です。

運転免許

海外の草原の間を抜ける道を運転するカップル

海外で車を運転する予定の人は、事前に国際免許証を発行する必要があります。国際免許証を発行するにはパスポートと今持っている運転免許証の名前が一致していなければならないため、苗字が変わった人はパスポートなどの申請と共に免許証の更新も忘れずに行うようにしましょう。ハワイやグアム、サイパンなどの一部地域では日本の運転免許証が使えることがあります。その際には日本大使館が発行する翻訳証明書が必要になるので、準備しておくようにしましょう。

海外旅行保険

海外旅行保険は、海外でもしもの事が起こったときのためにも加入しておくと安心です。病気になったりケガをしたりしたとき、海外での医療費はかなり高額になってしまいます。荷物が破損・紛失したり飛行機が遅れたりと海外旅行ではさまざまなハプニングが起こる可能性があります。万が一のときのためにも、海外旅行保険には加入しておくといいでしょう。

予防接種

南アメリカやアフリカなど一部地域に渡航する場合は、事前に黄熱病の予防接種を受けておく必要があります。入国する際や乗り継ぐときに、イエローカードと呼ばれる予防接種証明書を提示します。また、時期によっては感染症が流行していることもあり予防接種が推奨されることもあるので、事前に旅行先の感染症情報を収集しておくと安心です。

新婚旅行の持ち物リスト

スーツケースに着替えや必要なグッズを詰め込んで新婚旅行の準備を進める女性

新婚旅行の日数が長ければ長いほど荷物は増えていきます。せっかくの新婚旅行なので、忘れ物がないように入念に準備したいですよね。ここでは、持ち物のリストをカテゴリー別にご紹介します。

貴重品

海外の紙幣とコイン

国内でも海外でも変わらず必要になるのが貴重品です。旅行の日数が長いことが多い新婚旅行では、いつもの旅行よりも持っていく金額が大きくなります。海外へ旅行に行く場合は治安が悪い地域もあるため、貴重品の取り扱いには十分に注意しましょう。

持ち物チェックポイント
パスポート海外に行く場合は必ず必要。パスポートの有効期限に注意。
パスポートのコピーパスポートを紛失してしまったときに備えて、念のため持っていくと安心。
ビザ海外に行く場合、渡航先によっては必要なことがある。
現金海外に行く場合、日本国内で少しだけ換金しておくと安心。国内旅行の場合でも電子マネーやクレジットカードが使用できないことがあるため現金は必須。
クレジットカード最低でも1枚持っておくと◎。限度額の確認を忘れずに!
航空券(eチケット)最近では航空券がeチケットとして発行されることが多い。その場合はeチケット控えを持っていく。
日程表旅行会社で予約した場合やパッケージツアーを申し込んでいる場合、緊急時の連絡先も記載してあるため持っていくと◎。
ホテルの予約券個人手配の場合必要
海外旅行保険証もしもの時のための保険。加入した場合は保険証を持っていこう。
国際免許証海外で運転する場合に必要。一部地域では日本の運転免許証+翻訳証明書を忘れずに。

衣類

新婚旅行に必要なアイテムとパスポートとチケット、水中メガネ、サングラスなど

衣類はかさばりがちなので、荷物を少しでも減らしたい!と衣類を少なくすることを考える人もいるでしょう。現地で調達すればいいと思っている人もいるかもしれません。しかし、現地とはサイズ感が違ったり高額だったりと思ったように洋服が見つからないことも。旅行先の気候に合わせて着回ししやすいものを持っていくといいでしょう。高級レストランなどに行く予定のある人は、フォーマルな服も忘れずに。

持ち物チェックポイント
下着・靴下長期滞在の場合は、現地で洗濯すると荷物を減らせるのでおすすめ。
羽織もの暑い地域への旅行の場合でも、冷房対策で持っていくと安心。
フォーマルな服ドレスコードがあるような高級レストランに行く予定があるときはワンピースやジャケットを持っていくと◎。
パジャマ海外のホテルの場合、備え付けのパジャマがないことが多いため気慣れたパジャマを持っていくのがおすすめ。
水着リゾート地やビーチへ行く予定のある人は忘れずに!
靴・サンダル意外と忘れがちなのが靴。目的に合わせてスニーカーやパンプス、ビーチサンダルなどを持っていくと◎。
帽子・サングラス暑い地域や日差しの強いエリアに行く場合は帽子やサングラスで日焼け対策をして。

アメニティ

シャンプーやリンス、石鹸などの旅行用簡易パック

シャンプーやリンス、ボディーソープなど肌に合わないこともあるので、心配な人は持っていくと安心です。特に海外に行くときは日本のホテルほどアメニティが充実していないことが多いので注意が必要。普段から使っているものを持って行った方が快適に過ごせますね。

持ち物チェックポイント
シャンプー・リンス肌に合わないこともあるので、心配な人は持っていくと◎。特に海外は水質の違いや強い日差しの影響で髪の毛が傷みやすいので使い慣れたものが安心。
歯ブラシ・歯磨き粉備え付けがない場合があるため持って行くのがおすすめ。機内泊を予定している人は手荷物に入れるのを忘れずに。
ヘアブラシ・髭剃り・カミソリ備え付けがない場合があるため、必要な人は持っていこう。
ドライヤー海外の場合は地域に合った変圧器とプラグを忘れずに。
爪切り・綿棒普段からよく使う人は持って行くと◎。
化粧品使い慣れたものを持っていこう。
常備薬薬類は現地調達が難しいため、頭痛薬や胃薬、風邪薬など普段使っているものを持っていくと安心。車酔いしやすい人は酔い止めも。
虫よけスプレー・虫さされの薬南の島など虫の多いエリアに行く場合は必ず持っていこう。
洗濯用洗剤現地で洗濯する予定の人は忘れずに持っていこう。
生理用品現地ですぐに買えないこともあるので、予定日がまだの人も念のため持っていくと安心。
ポケットティッシュ・ウェットティッシュポケットティッシュは水に流せるものだとより便利。ウェットティッシュは手を拭いたり汗を拭いたりといろいろ使えるのでおすすめ。
眼鏡・コンタクトレンズ・コンタクト洗浄液コンタクト用品は海外では手に入りにくいのでしっかり用意しよう。
マスク感染症予防だけではなく、乾燥対策にもおすすめ。

その他

アナログカメラを覗き込んで、こちら側にカメラを向ける女性

荷物を少なくするために必要最低限のものだけを持っていくのもいいですが、いざというときに現地調達しようとしても高額で困ってしまうことも。ここでは、持っていくと便利なグッズをご紹介するので、自分に必要な物だけをリストアップしてみてください。

持ち物チェックポイント
雨傘折りたたみ傘を1本持って行くと安心。
スリッパホテルに備え付けの物がないことがあるため持って行くと◎。機内でも使える。
タオル急な雨やビーチなどであると便利。
カメラ(充電器)・メモリーカードせっかくの新婚旅行なので、スマホではなくカメラで撮影するのもおすすめ。充電器と大容量のメモリーカードを忘れずに。
携帯電話・充電器海外で普段使用しているスマホを使うときは海外対応のSIMなどが必要。
変圧器・変換プラグ海外に長期滞在する場合は必需品。現地に対応した変圧器・変換プラグを用意して。
腕時計・目覚まし時計目覚まし時計は携帯電話でも代用可能。腕時計も携帯電話で代用できるが、充電切れなどに備えて持っておくと安心。
筆記用具書類などを記入する機会があるかもしれないのでボールペン1本持っていると◎。
予備の財布海外に行く場合、現地通貨と日本円を分けて入れておくと便利。
予備バッグ急に荷物が増えたときなどに使える。
裁縫セットホテルで用意されていないことが多いため、もしもの時のために持っていると安心。

新婚旅行だからこそ持って行きたいグッズとは?

川のほとりで、スマートフォンで自撮りを行うカップル

ここでは、新婚旅行をより特別な思い出にするために持っていくべきおすすめのグッズをご紹介します。

自撮りアイテム

せっかくの新婚旅行なのでおふたりで写っている写真をたくさん残しておきたいですよね。そんな時に活躍するのが自撮り棒や三脚などのアイテム。撮影のたびに人に頼む必要がなくなりますし、写真映えするスポットでおふたりの納得のいくまで素敵な写真を撮影できますよ。

ペアルックできるもの

お揃いのサングラスとジャケットに身を包み、肩を組んで、笑顔で歩くカップル

新婚旅行だからこそ、ペアルックやお揃いの小物を身につけてみるのもおすすめです。いつもは恥ずかしくてできない人も、旅行先であれば人目を気にすることなくお揃いを楽しめるはず。洋服だけではなくサングラスなどの小物をお揃いにするのも素敵ですね。

お土産リスト

海外のお土産屋さんの店内

ご祝儀を多くいただいた人や結婚式のお手伝いをしてくれた人、職場の人など新婚旅行のお土産を渡そうと思っている人がいますよね。うっかり買い忘れてしまわないようにお土産リストを作成するのがおすすめ。リストアップしておけばお土産選びがスムーズに進むはずです。

まとめ

今回は新婚旅行の持ち物についてご紹介しましたが、いかがでしたか。
新婚旅行に行く時期にもよりますが、結婚式前後は何かと忙しいので新婚旅行の準備までなかなか手が回りません。
時間のある時に少しずつ新婚旅行の持ち物の準備を進めていけば、直前でバタつくことなく荷造りができるはずです。
ぜひこの記事を参考に、大切な新婚旅行をより素敵なものにしてくださいね。

PLACOLE&DRESSY アプリダウンロード