【岡澤の提案】結婚式をもっと近くへ

とうとう2019年も残すところ数時間となりました。
どんな大晦日をお過ごしでしょうか?
私はおせち作りながら、コラムやブログを書いて1年を振りかえっています。

日本の結婚式は、式場やホテルで行うのが一般的です。まずは、お金が必要で、会社の上司を呼ぶ呼ばないなど、面倒なしがらみがあって、付き合いの薄い親せきに気を遣って・・と、ネガティブな要素が目立ってしまいます。

NYなどでは、大人もパーティを楽しむ文化があるので、パーティに呼ばれることが面倒だったり、新郎新婦への干渉の対象にはなりません。

ゲスト自身がそれぞれ、パーティを自分のスタイルで楽しんでいるのです。

特に大人のゲストは、カップルで参加することが多いので、夫婦や恋人同士で来られます。結婚したばかりの若いカップルを見ながら、自分達もロマンチックな時間を過ごすのです。

日本はどうして、大人同士のカップル(夫婦)がこんなに冷め切っているのか?(笑)ラブラブな大人のカップルもいらっしゃるので、あくまで私の偏見です。

文化の違いもあるのでしょうが、男女でもう少し素敵な時間を過ごせると、パーティの楽しみも変わってくるのになぁと個人的には考えています。

で、ここからは岡澤の提案なのですが、結婚式をもっと身近にしませんか?というものです。

式場でお金をかけて結婚式がしたくない人は、自宅でも、近所の神社でも、砂浜でも、森の中でもいいのです。

二人の結婚の出発にふさわしい場所を見つけ、これから一緒に歩いていく人と約束をするセレモニーと考えれば、もっと結婚式は私たちの側に近づいてくるはずです。

そして、そこに私たちプロが関わらせていただくことで、そのセレモニー自体が、より感動的なものになるお手伝いをします。

今の20代、30代のカップルは「自由な結婚式をしたい・・」そんな希望を持つ人たちが大勢いると、私は考えています。

2020年は、そんな結婚式も沢山ご担当できたら最高です。

結婚式をもっとあなたの近くへ。

それを目指して、頑張ります。

2019年、私のコラムに出会ってくださって、本当にありがとうございました。素晴らしい年をお迎えください。

どうぞ、来年も宜しくお願いいたします。

2019年大晦日

岡澤ひとみ

 

このコラムの投稿者

WEDDGE

所属:株式会社WEDDGE