コロナ禍での会場見学のコツや感染症対策のチェックポイントは?

結婚式場の館内風景

新型コロナの影響で、結婚式場探しに戸惑っているカップルが多いのではないでしょうか。
参加するゲストのためにも、感染症対策を徹底した結婚式にしたいですよね。
今回は、コロナ禍での会場見学のコツやコロナ対策に関するチェックポイントについて紹介します。
結婚式の準備を進めたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

リスクの低い会場見学のコツ

コロナ対策のため、実際に会場に行くだけでなくオンライン式場見学を用意するところが増えています。
オンライン式場見学は、外出を控えたい人、結婚式場が遠い人などにおすすめです。一方で実際に会場に行って会場選びをするカップルも少なくありません。結婚式場ではガイドラインを作成し、見学時と結婚式当日の感染予防対策が行われているからです。できるだけたくさんオンライン式場見学に参加し、優先順位の高い式場2~3件は実際に足を運ぶ、といった使い分けをするカップルもいます。オンラインと実際の会場見学の両方に参加することで、感染リスクの低い会場見学になるでしょう。

会場見学時に気をつけるポイント

通常時に会場選びをする際は、理想の結婚式イメージに合った演出やおもてなしができるかを重視すると思います。しかし、コロナ禍の間は、自分の希望する結婚式を実現するだけではいけません。感染症対策を考えられた会場を選び、安心してゲストに参加してもらえる環境を整えることが大切です。コロナ禍以前と以降では、会場選びや結婚式の準備が異なることを理解しておきましょう。
ここからは、コロナ禍で会場見学する際に気をつけて確認すべきポイントを紹介します。

会場のレイアウトやゲストの定員数

ソーシャルディスタンスを保つために、ゲストの定員数を制限しているかを確認します。3密状態の会場で結婚式を挙げれば、コロナの感染リスクが高まります。ゲスト同士の間隔を1m程度離して配置できる会場かも確認してください。通常時の収容人数やレイアウトと大きく異なるので、会場スタッフに直接相談すると良いでしょう。

オンライン中継ができるか

招待するゲストの中には、十分にコロナ対策をしても結婚式の出席に消極的な方はいるかと思います。そんなゲストに対応できるように、オンライン中継が可能な式場かを確認しましょう。自宅からオンラインで参加できれば、コロナ禍でも出席してもらいやすくなります。

料理とドリンクの提供方法

料理は、新郎新婦がこだわりたい結婚式のおもてなしの一つ。料理やドリンクもコロナに合わせて提供されているかを事前に確認しましょう。
コース料理を避けて、オーダー形式や和食のお重形式といった提供方法がおすすめです。またお酌なども控え、ゲストには自分でドリンクを注いでもらうのも良いでしょう。

結婚式場の打ち合わせ

結婚式を挙げる前は通常、何度も会場に足を運び担当スタッフを打ち合わせします。しかし準備中での感染を防ぐなら、打ち合わせはなるべくオンラインで行うと良いでしょう。
結婚式場を決める前に、打ち合わせ方法を柔軟に変更してくれるかを確認しておきましょう。

会場のコロナ対策でチェックするポイント

結婚式のテーブル上

コロナの影響による変更対応のチェック

各会場でガイドラインが定められており、コロナに対する対応方法は異なります。コロナの状況によっては、日程を変更する可能性が高くなります。延期やキャンセルした場合、どのくらい料金がかかるか相談しましょう。
日程変更の場合は柔軟に対応してくれる会場も多いので事前に確認を。

施設・設備のチェック

コロナの影響により、施設の使い方や利用できる設備が通常と異なります。場合によっては、会場を変更したり演出を変更する可能性も出てくるでしょう。
使用が制限された施設や設備がないかを確認しましょう。

換気ができるかをチェック

密閉空間を避けるため、換気がしっかりできる会場かどうかをチェックしましょう。
屋内の会場を使用する場合、窓や出入り口の数や外気の入れ替えが可能かも確認します。
十分に換気できない場合、ガーデンパーティなど屋外の会場に変更することも検討してください。

アルコール消毒などの配置をチェック

式場の出入り口はもちろんのこと、控室やトイレなどにアルコール消毒を設置されるか確認することが大切です。
新郎新婦ができる配慮として、ゲスト用におしゃれなボトルに入れたアルコール消毒を用意するのも良いでしょう。

新郎新婦・ゲストへの配慮をチェック

新郎新婦とゲストへどのような配慮がされるか確認します。新郎新婦には控室などの入室制限などの配慮が考えられます。
ゲストには受付へのアクリル板を設置、マスクケースの提供、検温の実施などの配慮ができるかも確認しましょう。

感染予防対策のアナウンス方法をチェック

結婚式当日、ゲストに向けてどのように感染予防対策をアナウンスしているかを確認しましょう。
司会者が口頭でアナウンスしたりスクリーンに表示させるなど、会場によって対応方法が異なります。
ゲストに安心して過ごしてもらうため、こうした細かい確認も大切です。

安心して参加できる結婚式を目指そう!

結婚式の乾杯シーン

コロナ禍以降は、新しい結婚式の形が求められるようになりました。結婚式の準備段階から感染防止の意識を高め、徹底したコロナ対策を行う必要があります。
そのためには実際に行く会場見学で、会場のコロナ対策を確認することが大切です。

コロナに気をつけながら、新郎新婦もゲストも安心して楽しめる結婚式を目指しましょう!

プラコレ ウェディング診断