いま人気のカジュアルウエディングとは?

カジュアルウェディングでのセレモニーシーン

費用を抑えつつ、自分らしい結婚式を挙げたいカップルに人気なのがカジュアルウエディング。招待される側にも、肩ひじ張らないアットホームな雰囲気が好評です。
では、その会場探しや当日までをどう進めれば良いのか、人気の演出などをご紹介していきます。


自分らしい結婚式とは

まずは、ふたりでどんな式をあげたいのかを話し合いましょう。ふたりの一生の記念となる1日をどんな風に過ごしたいのか、どんな会場で挙げればゲストがよろこんでくれるのか、招待する側と招待される側の立場になって想像してみると良いかもしれません。

どんな会場がいい? 挙式はどうする? どんなドレスを着たい?どんなおもてなしならゲストは満足してもらえるか?といった風に、どんどんイメージを膨らませましょう。

大まかなコンセプトが最初に決まると、後の流れはスムーズになるはず。


会場探し

雑誌やネットで、自分好みの会場を見つけましょう。カジュアルウエディングでよく選ばれているのが、ゲストハウスとレストラン。

ゲストハウスは豪華な邸宅を貸し切ってパーティを開けるのが魅力です。レストランは素材や味にこだわった料理をメインに、ゲストをもてなすことができます。

会場の雰囲気はもちろん、アクセスの良さや料理の質も要チェック。候補先の会場に足を運んで、理想の結婚式が挙げられそうか、自分たちの目と舌で確かめることが大事。最終候補を絞っていきましょう。


誰をご招待するか

カジュアルウエディングの多くは、近しい間柄のゲストを招待する傾向にあるようです。家族はもちろん、親族のみの招待であったり、親族+学生時代の友人たちであったり。今までの人生を振り返って、結婚を直接祝ってもらいたい人を洗い出す、ちょっと難しい作業になるかもしれません…。招待する人数によって費用が大きく左右するので、ここは慎重に。


どんな演出をするか

会場設備の影響で、できる演出・できない演出が出てくるので、なるべく会場選びと並行して考えたいところ。まずは、招待するゲストに喜んでもらえる演出を考え、実現可能そうな会場をリストアップすると良いかもしれません。浮かんだ演出は、内輪ネタや自己満足の演出にならないかチェックして。


人気の演出

一番人気は、ファーストバイト。英語で「first bite」と表記し、ケーキ入刀の後新郎新婦が切り分けたケーキを一口ずつ食べさせあうという儀式。カジュアルウエディングでは、比較的シンプルなケーキが選ばれ、新婦の手作りケーキが登場することも。ケーキ作りが得意なプレ花嫁さんは、ここで自分の腕を見せれば費用も抑えられ、一石二鳥となるかも。

ジャンルを問わず、自分たちの好きな音楽をBGMに選ぶのも人気の演出。2人のお気に入りアーティストの曲や一緒にデートで観た映画の主題歌、思い出の曲などそれぞれ思い入れのある曲を選んだり、中には余興に楽器を演奏するカップルもいるそう!

ただし、使用音源や再生タイミングの指定に制限がある場合もあるので、必ず確認を。


一番気になるお金の話

カジュアルウエディングにかかる費用は、招くゲストの人数や選ぶ会場で大きく左右されるようです。

もし予算がオーバーしたら、会費制にしたり、着席をやめて立食パーティにすれば費用を大幅ダウンできるのが、カジュアルウエディングのいいところ。装花やウェディングケーキなど持ち込みOKの会場なら、外部発注や手作りで費用が抑えられる可能性も。一方で、郊外のロケーションや自分らしさにこだわりすぎて、車代やお礼がかさむことも注意しなければなりません。

会場にウェディングプランナーがいればよく相談し、いない場合は外注で相談するなど、プロの視点をうまく取り入れた方が、結局は安上がりになることも。


まとめ 

ゲストとの距離が近くて演出の自由度も高く、その上節約テクニックが多岐にわたるカジュアルウエディング。ふたりらしさ、アットホームな雰囲気を目指すなら、ぜひおすすめの結婚式です。