お花を使った結婚式の演出

結婚式の演出で使われるお花

たくさんのお花が、華やかさを盛り立ててくれる結婚式。ブーケやテーブルセッティング、会場の雰囲気作りなどなど、なくてはならない存在です。

先日の記事では、自分にぴったりのブーケ探しということでブーケについて書きましたが、今回は、お花を使った演出について、ご紹介していきたいと思います。


フラワーシャワー

フラワーシャワーの中でキスをする新郎新婦

挙式を終えてバージンロードを退がる際やチャペルの外に出てきた新郎新婦に、列席者から花びらをふりまいてもらうセレモニー。神前式だけでなく、披露宴やカジュアルウエディングでも行われる、定番の演出のひとつです。舞い散る色とりどりの花びらはとても華やか。幸せな二人にたくさんの花びらをふりまくのも楽しいので、新郎新婦もゲストもみんな笑顔になれます

もともとは家庭や子孫の繁栄を願って、豊かさの象徴であるお米や小麦を新郎新婦に投げる「ライスシャワー」がその始まりだと言われています。ライスシャワーが時を経て、香りで悪魔や災難を振り払うとされているお花に代わり、フラワーシャワーになったそうです。

生花の花びらは、手にした時のチープ感が一切なくナチュラルな香りでみんなを包めますが、ちょっと割高なのが難点…。質の良い造花にほんのり香りをつけたり、小さなリボンやパールをあしらえば、ぐんとクオリティが上がってゴージャスになります。

持ち込みOKの会場なら、花びら以外のシャワーもオススメ。ハンドメイドで節約も可能です。小さくちょうちょ結びしたリボンをふりまく「リボンシャワー」や、カラフルに紙をハートなどにかたどって紙吹雪にする「ペーパーシャワー」も、オリジナリティある結婚式やカジュアルウエディングに最適です。ただし、持ち込み料が発生するケースもあるので事前にチェックを忘れずに。